仲間たちに聞くと

くるまを購入する仲間たちに聴くと、前のモデルはほぼ100%下取りに出しているそうです。
販売店は「下取り額は、勉強指せて頂きます」と言いますが、はたして1社の言い値で良いのでしょうか。
販売店との付き合いというのもあるかも知れないですが、モデルや修復履歴等の状態にもとづき、下取りじゃないとプライスがつかないクルマもあれば、買取で高値売却出来る時もあります。
私は二度目の乗替えのときは、買取専業店にも評価を頼んでみたのですが、「下取りって安過ぎ?!」というのが正直な印象でした。
専門ショップの方が高いだなんて。
買取りの代金は後日振込まれるとのことでしたが、引取られた次の日には振り込まれてました。
30万円未満ならキャッシュ払いもできるそうです。
いずれにせよそのお金でワンランク上のグレードの車種を買えたのは有難かったです。
下取りでいいのにと反対していた家族にも、この時ばかりは「すごい!」と言ってもらえました。

現在まで大事に乗ってきたクルマを売るなら、気分良く契約したいですね。
見積り金額アップに結びつくか不明ですが、お手入れぐらいはするようにお勧めします。
車の中の清掃をしたら、ホルダー、シートカバー、ゴミ箱なんかは取り払っておきてください。
収納も空にしておくのが理想です。
ボディーの汚れが心配な時はこの際なので洗車すべきです。
ライトなシャンプー洗い位でいいのです。
必要よりも重点的に汚れを除去しようとすると、塗装ごと剥がれる場合もあるでしょうから、「寄り掛かっても問題ないな」ぐらいのクリーンさを目さして下さい。
ルーフやホイール周りは汚れが残留しやすいので、忘れずにいて下さい。
また、小さいキズをタッチペン等で修復する人もいますが、プロが買取後に対処するほうが美しいですので、手をつけずにいて下さい。